日本陶磁器産業振興協会
協会概要
概要 日本陶磁器産業振興協会とは

日本陶磁器産業振興協会は、陶磁器業界の意見を結集し、生産・流通にわたる陶磁器産業全般の振興並びに内外の諸問題解決に尽力することを目的とし、「旧・日本陶磁器輸出組合」及び「旧・ディナーウェア協会」の構成員が中心となって、平成11年4月19日に設立されました。

名   称日本陶磁器産業振興協会
設   立1999年4月19日
所在地〒461-0002 名古屋市東区代官町39-18
T E L052-935-7232
F A X052-936-8424
事業概要
  1. 内外市場動向調査、分析並びに市場トレンドの研究
    (1)ニュースレターの発刊
    (2)海外市場及び国内市場視察の実施
    (3)JETRO等公的機関、他業種団体、業界紙との交流活動
  2. 陶磁器製造技術、企画、デザイン、販路開拓のコンサルティング及び人材紹介も含む情報提供による陶磁器技能の継承に資する活動
  3. 経産省、農水省、総務省等関係官庁との調整及び議員やきもの連盟との渉外機能の充実
  4. 講演会、研修会、各種セミナー、懇親会等の開催
  5. 後援、協賛事業の企画・推進
    (1)ドームやきものワールドへの参画
    (2)陶器の日事業への参画
    (3)名古屋テーブルトップショーの支援
    (4)その他陶磁器関連事業への積極的関わり
会員構成46社・団体
会員名簿はこちらからどうぞ
賛助会員団体
  • 愛知県陶磁器工業協同組合
  • 名古屋商工会議所国際部
  • 日本セラミックマシナリー協会
  • 公益財団法人 日本陶磁器意匠センター
  • 瑞浪市経済部 商工課
  • 土岐市役所経済環境部 商工観光課
  • 岐阜県セラミックス研究所
  • 滋賀県工業技術総合センター 信楽窯業技術試験場
  • 長崎窯業技術センター
  • 一般財団法人 日本陶業連盟
  • 佐賀県窯業技術センター
  • とこなめ焼協同組合
ページの上にもどる


役員一覧
会   長山田陽一株式会社ノリタケカンパニーリミテド顧問
副会長赤松康次鳴海製陶株式会社食器国内事業部門
副部門長
   同滝本幹夫ニッコー株式会社執行役員
専務理事浦野幸俊
理   事玉樹成三株式会社丸利玉樹利喜蔵商店代表取締役会長
   同加藤睦彦株式会社アイトー代表取締役会長
   同坂崎義雄前畑株式会社取締役社長
   同井元明正井元産業株式会社代表取締役
   同加藤東衛三郷陶器株式会社代表取締役社長
   同楓  陽光大東亜窯業株式会社代表取締役
   同伊藤克紀株式会社カネコ小兵製陶所代表取締役社長
   同河口  一一般財団法人 日本陶業連盟理事長
監   事井澤浩治株式会社イザワピグメンツ代表取締役社長
   同水野清治矢田陶器株式会社代表取締役
ページの上にもどる


沿革
戦前・戦後の陶磁器輸出を中心とした動向、「日本陶磁器輸出組合」及び
「ディナーウェア協会」に関連した主な事項
1868(明治元年)陶磁器輸出額23,000円
1886(明治19年)陶磁器輸出額100万円突破(日本の全輸出額の約2%)
1894(明治27年)名古屋陶磁器貿易商組合設立。
1913(大正2年)日本陶器会社(現ノリタケカンパニー)、初めてディナーセット製造。
1919(大正8年)名古屋港の陶磁器輸出73,784トン(59.8%)、1966年(昭和41年)陶磁器輸出102.6万トン(29.1%)で、この間、名古屋港では陶磁器が第1位。
1933(昭和8年)名古屋陶磁器輸出組合(他に神戸、大阪、東日本=横浜も)、大日本陶磁器輸出組合連合会設立。輸出数量統制。
1935(昭和10年)在ニューヨーク商務官のアドバイスもあって、米国業界の最重要品目であるホテルウェアの輸出規制開始。(戦後輸出再開後も引き継がれ1993年まで輸出自粛)
1947戦後(昭和22年)陶磁器輸出始まる。
1951(昭和26年)米国向けディナーセット、チェックプライス制(貿易管理令)。
1952(昭和27年)ディナーセット協会(後のディナーウェア協会)設立。輸出規制に関与。
日本陶磁器輸出組合設立。翌年より各種輸出規制開始。
1953(昭和28年)英国陶業連盟理事W,シールズ氏来日、日英陶業会談。
1956(昭和31年)(財)日本陶磁器センター設立。意匠規制、デザイン改善事業実施。
1964(昭和39年)日本陶磁器輸出組合が輸出総合規制(数量・意匠等)実施。
1997(平成9年)日本陶磁器輸出組合の規制全廃。
1999(平成11年3月31日)日本陶磁器輸出組合解散。
(平成11年4月19日)日本陶磁器産業振興協会設立。
(平成11年6月17日)ディナーウェア協会解散。
2015(平成27年6月)ミラノ国際博覧会−ミラノ万博−に参加し、「日本の器  日本の食卓」イベントを実施。
ページの上にもどる

地図地図

所在地〒461-0002 名古屋市東区代官町39-18
T E L052-935-7232
交   通・地下鉄  桜通線 高岳駅2出入口より徒歩7分
・地下鉄 東山線 新栄駅2出入口より徒歩6分
・JR中央線 千種駅より徒歩12分



メニュー HOME協会概要洋食器100年の歴史ニュースレター会員専用ページ会員募集 ページの上にもどる
協会へのご質問、イベントなどのお問合せはこちらへお願い致します。→   お問合せ先メールアドレス 最新情報info@jappi.jp
【日本陶磁器産業振興協会】〒461-0002 名古屋市東区代官町39番18号 Tel (052)935-7232 Fax (052)936-8424
【JAPAN ASSOCIATION FOR THE PROMOTION OF POTTERY INDUSTRY】 39-18 DAIKAN-CHO, HIGASHI-KU NAGOYA 461-0002 JAPAN
Copyright (C) 2007 日本陶磁器産業振興協会 all rights reserved.